食は体を作る土台。健康長寿は食事から!

こんにちわ~!今日は先日のご飯のご紹介。

照れます、、。

今朝も朝食とお昼御飯を旦那分、自分の分を作れました。自分で作ると良いことは、自分ですべてを管理できるということ。

食材も、食材のルーツも、調味料が何を使っているかも、全部把握できます。

ニュースになったこともある、異物の混入の回収の話とか、廃棄食材をスーパーが売っていたなんて健康問題にかかわる出来事には、素材から購入して料理をしていると、遭遇することはありません。

現代人は忙しく、仕事に育児にがっつされている方も多いのですが、できるだけ手を抜きたくないのが食事ですね!食べたものが体を作り、こころをつくり、まだまだ先と思っている未来の健康長寿につながっていきます。

朝ごはん

朝ごはんは基本はがっつりいただきます。

全粉粉パン(ホームベーカリーで手作り)、サラダ(3種類ぐらいを一緒に。今回は、大根、パプリカ、にんじん、ヤーコン、レモン)、バナナ入りヨーグルト(手作り、カスピ海ヨーグルトです)、キュウイ、コーヒー。

たまたま卵を切らしていて、卵なしになりました。なのでいつもは半分にしているパンを一枚分いただきました。

昼ごはん

昼ごはんは簡単なものでも、手作りしたい。

さば焼き、焼きかぼちゃ、焼きごぼう、豆苗、大根サラダ、十六穀米、自家製梅干、味噌だま(たまねぎ、ねぎ入り)、かきにみかん。味噌だまは、お湯を入れるだけで簡単味噌汁になります。冷えた弁当でも、温かな汁物があるだけで、ほっこり。DIT(食事誘導性熱産生:食事をするだけでも燃える)対策もばっちり。

夜ごはん

夜ごはんは、豚の水炊きにしました。お昼がお魚だったので。昆布をぽんと入れて、できれば昆布ごといただきます。

毎食、一日を通して、海もの(魚、海草など)、山のもの(肉類、きのこ類、木の実)、畑のもの(野菜、豆、果物)を網羅しているか考えます。網羅できていなければ、同じ日の食事でカバーします。

しっかり食事をとることで、サプリメントも不要です。きちんと食事をすることで、まだ科学的にわかっていない栄養素も自然といただけます。

生きるということは、食べるということ。活き活きと活躍するには、毎日の食事は重要です。そんなに毎日がんばれないわ~といられる方もいると思いますが、私は食事に気をつけているのよ、という意識を持つことが大事です。少なくとも、一家にお一人は、家族の健康やストレスケアを意識的に気を配っている方がいらっしゃるのが理想です。重い病気をして病院のお世話になるよりも、未病の段階で、健康を意識する食生活、そして運動習慣を整えるというのは大事ですよね。

こんなに食事を気を配るようになったのは、私は母の病気から。母が病気(がん)になってすべてを見直しました。週一回のラディッシュボーヤの有機野菜、減農栽培のお野菜やフルーツを届けていただいておりますが、すべてではないけれど、体に良いことをしているのだ~という意識を持つことはメンタルヘルス的に良いですね!食事内容を見直してから6キロ減量になりました。

体質改善の基本は食事からですぞ。

詳しく食事の内容などを見直していきたい方は、有料格安モニターをあとお一人募集中です。現在お一人進行中。

 

池田駅徒歩1分 レトロな隠れ家ビル3階

アーユルビューティ『SACHISTYLE』癒される 整える 癒せるようになる プライベートサロン&

レッスン

ブログ 藤野幸子タイ古式マッサージのサロン&ヨガレッスン、一家にひとりセラピストを養成すべく、セラピスト講座などを行っている。最近は体質改善モニターとともに、食事・腸マッサージ・ヨガで将来に続く体質改善のプログラムなどを実践している。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です